「障害者の雇用」に積極的な企業ランキング100

コロナ禍で障害者雇用が「後戻り」する懸念も

また、障害者雇用に関する調査・研究やダイバーシティ関連情報に特化したオウンドメディアを複数運営するほか、子会社でシングルマザー支援事業を行うなど、社会課題解決型の事業を広く展開している。

2位は食品トレー、弁当・総菜容器最大手のエフピコで、雇用率は13.60%(359人)。特例子会社のエフピコダックスや、就労継続支援A型事業のエフピコ愛パックなどを中心に、全国21カ所の事業所で障害者雇用に取り組む。また、取引先の障害者雇用サポートとして、工場見学なども実施している。

3位は独立系エンターテインメントのエイベックスだ。雇用率は11.25%(27人)。同社は、障害者に適した勤務場所として、バリアフリーのサテライトオフィスを設けるほか、障害者雇用支援の一環として障害者アスリートを雇用している。選手の活動状況をウェブサイトで発信するなど、広報活動にも積極的だ。また、障害者向けにカウンセラーを配置するなど、雇用の安定化にも取り組んでいる。

4位のボディメイク関連事業を手がけるMRKホールディングスは、持ち株会社化したことで、前年より単体の障害者雇用率が上昇したためランクインした。雇用率は7.75%(5人)。

5位は工場用搬送機器メーカーのキトーで、7.10%(36人)。同社は5カ年計画を策定して障害者雇用を推進している。山梨本社工場で設備のバリアフリー化を進めるほか、聴覚障害者向けの手話通訳派遣や支援機器導入にも取り組む。また、日本障害者スキー連盟とゴールドパートナー契約を締結するなど、障害者アスリート支援も展開している。

6位はユニクロを展開するファーストリテイリングで、雇用率は5.28%(1185人、回答はユニクロのデータ)。前年度比268人増と上位100位以内最多の増加数だ。同社は「1店舗1人以上の障害者雇用を目指す」という目標を掲げており、国内の約9割の店舗で障害のあるスタッフが働いているという。

職場での課題等についてはジョブコーチを中心に対応し、店長や地域正社員へは研修を実施するほか、人事部内に障害者雇用専任者を配置するなど万全のサポート体制を敷く。また、知的障害者にスポーツの機会を提供する「スペシャルオリンピックス日本」のナショナルパートナーを務め、ユニフォームの寄贈や運営支援も行っている。

コロナ禍での「働き方」が障害者の就労支援に

最後に、本ランキング上位100で最も雇用者数が多いのがセブン&アイホールディングスだ。特例子会社であるテルべやグループ会社など5社を中心に1237人を雇用する。グループ各社の採用・教育担当者へ障害者雇用関連ガイドを配布し周知を図るほか、子会社のセブン-イレブン・ジャパンでは就労支援の一環として、特別支援学校と連携した店舗実習なども行っている。

新型コロナウイルス感染拡大は多くの企業の働き方を変えた。コロナ禍は、満員電車に乗れない、会議室やオフィスに人が集まれない、などの疑似的な「障害」を社会全体に生み出したといえる。そして、それら解決するために時差出勤やテレワーク等を導入した企業も多い。こうした取り組みは、障害者の就労支援にもつながる。

障害者を含めた「誰もが」働きやすい環境の整備は、企業にとって多様な人材の確保や危機管理の面でも重要だ。コロナ禍をきっかけに、企業には障害者雇用の取り組みのさらなる深化を期待したい。

次ページ【表】障害者雇用率トップの1~50位は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT