「正義に燃える人」ほど他人に危害を加える理由

逆らう者を論破しても得られるものは特にない

強い正義感が抱える「危うさ」とは?(写真:マハロ/PIXTA)
正義を尊ぶ気持ちは、時に他者を傷つける刃ともなりうる。正義感に溺れてしまった人の危うさを、『島耕作』や『黄昏流星群』などでおなじみの漫画家・弘兼憲史氏による新書『弘兼流 やめる!生き方』より一部抜粋・再構成してお届けする。

僕は全共闘世代ですから、大学時代には人とぶつかったほうがカッコイイと思って、ディベートなどをやった時期もありました。

当時、大部分の学生たちは確固たる思想があって討論しているわけではなかったので、自分が間違っていると気がついても突っ張って曲げようとしません。それで最後はつかみ合いになる。そんな現場を見ているうちに、「くだらんことだなあ」と思って参加するのをやめました。「人と言い争ってもプラスになることはない」「人とぶつからないようにしよう」と思うようになったのは、その頃からです。

「正義」が抱える危うさ

僕が大学生だった1960年代の後半は、正義の名のもとにベトナム戦争に介入したアメリカが戦線を拡大する一方で、反戦運動が盛んになっていく時代でした。

「正義」によって戦争をするということは、「自分は正しい」という大前提のもと、「対立するやつらは悪だ」「だから懲らしめる」という論理。お互いの国に正義があるから戦争になるのです。だから、正義を声高に主張するのは、相手の立場を受け入れないという意思表示でもあるわけです。

こういうことに気づいたときから、正論を主張したり正義をかざしたりすることはやめました。そういう「議(自分の中にある意思)」というものは口に出さず、自分がやるべきことを黙ってやればいいと思うようになったのです。

「自分からは争いに参加しない」という考え方は、今も変わりません。誰かとぶつかりそうになったら、その場から逃げるか、話題を変えます。

新型コロナウイルス感染が広がる中で現れた「自粛警察」と呼ばれる人たちは、感染症という不安や恐怖が根底にあるものの、論理は過激な反戦運動家と同じです。

感染を防ぐためにはマスクをしていなければいけない、ソーシャルディスタンスを守らなければいけない、他県から移動してくるなんてもってのほかだ、という正義を掲げて、相手にどういう事情があるかということは考えずに懲らしめようとするわけです。

次ページなぜ人は「正義を口にしたくなる」のか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT