GAFA対抗「日本型スマートシティ」に勝算あるか

人口増加を見込む「世界の都市」へ売り込む作戦

分散型アプローチは、中国だけでなく、GAFAに対するアンチテーゼでもある。最近ではグーグル、フェイスブック、ツイッターなどのアカウントから利用できるサービスが増えているが、その先で儲けるのはデータの一元管理を進めるプラットフォーマーだけ。

今さら日本が、個人情報も含めてデータを一元管理できる重厚なプラットフォームを目指しても、GAFAや中国に勝てる見込みは薄い。

逆にデータ連携基盤は極力、軽くする。それ自体ではあまり儲からない代わりに、その上で自由に展開するサービスで利益を上げてもらう。そのためにもさまざまなサービスが移植しやすいオープンAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェース)のカタログを用意したうえで、軽くて丈夫なデータ連携基盤を普及させていく必要がある。

内閣府からは今月初めにオープンAPIの調達が行われた。来春には試作版が用意されて、スーパーシティに選定された都市に実装される見通しだ。

日本型モデルを普及させられるか

はたしてスーパーシティ実現に向けて、日本独自のデータ連携基盤を構築することは可能なのか。過去に日本でもITプラットフォームの構築に何度も挑戦してきたが、失敗の歴史を繰り返してきた。

村上氏自身も、2000年代の半ばに導入を試みた開発手法「エンタープライズ・アーキテクチャ(EA)」による電子政府・電子自治体システムの構築では、手数がかかりすぎるという理由でEAが普及せず、辛酸を舐めた。それだけに、その反省を生かしつつ「リベンジマッチとして取り組んでいる」との意気込みを見せる。

データ連携基盤には、データを変換する機能を備えたクラウドサービスが必要となるが、EUで開発されたオープンソースの次世代インターネット「FIWARE(ファイウエア)」がある。FIWAREが追求しているのも、どちらかと言えば分散型アプローチに近い。「FIWAREだけを優遇するつもりもないが、そのデータ仲介の考え方は、大いに参考になる」(村上氏)という。

こうしたFIWAREなどの動向も参考にしながら、日本のスマートシティ全体の共通する枠組みを示したのが、2020年春に内閣府から公開された「リファレンス・アーキテクチャ」だ。これに準拠して「都市OS(オペレーティングシステム)」を開発し、地方自治体や地域が導入して、その上で実際のサービスを提供する仕組みとなる。

次ページ世界の都市へ売り込む構想
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT