ローソン巨額損失の謎、チケット拡大があだ

拡大
縮小

店内でチケット発券を手掛けるローソンにしても、チケット強化は客単価上昇が見込める重要戦略の一つ。一般的にチケット販売の利益率は弁当より低いが、単価は数千円以上で1万円を超えるものも多い。弁当と飲み物を買っても500円でお釣りがくる時代に、この客単価は魅力だ。

チケット販売でローソンに水をあけられたセブン−イレブン・ジャパンは昨年12月、ぴあに出資し、チケット事業の強化に動いた。セブンを本気にさせたのはローソンのチケット戦略だった。

「就任以来、最大の迷惑をかけた。一から出直す」と9日の会見で頭を下げたローソンの新浪剛史社長(LEM会長)だが、どう立て直すのか。しかし気になるのは、消えたカネの行方である。

【2019年8月9日16時50分追記】関係者のプライバシーに配慮して初出時より一部表現を改めました。

■ローソンの業績予想、会社概要はこちら 

 (撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年2月27日号)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT