ナイツの「雑談」が拓くラジオの新しい可能性

テレワーク層に合う「ザ・ラジオショー」の戦略

ニッポン放送で2時間半の生放送『ザ・ラジオショー』月~木曜日を担当するナイツ(写真:ニッポン放送提供)

そのニュースを初めて知ったときには、とても驚いた。

ニッポン放送で新番組『ナイツ ザ・ラジオショー』が始まるというニュースだ。同番組は9月7日にスタートした、13~15時半の生放送帯番組で、月~木曜をナイツ、金曜を中川家が担当している。

この連載の一覧はこちら

月曜から木曜のナイツの出演時間を全部合わせると、2時間半×4曜日で、まるまる10時間となる。同じくニッポン放送で、彼らがこれまで出演していた『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』木曜日の出演も、現在のところ継続しており、これも生放送で1時間半。

それ以外にもナイツは、TBSラジオで土曜日に『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』という生番組を担当していて、これが4時間。以上すべてを足し算すると、一週間に何と15時間半のラジオ生放送に出演することとなるのだ。

どうなることかと思い、ラジコのタイムフリー機能を駆使しながら、『ナイツ ザ・ラジオショー』第1週・第2週を可能な限り、聴いてみたのだが──。

音楽がかからない、緻密な構成の「雑談」ラジオ

番組を聴いて、さらに驚いた。

番組の内容が、フリートーク中心なのである。いや、フリートークというより、もっとくだけた「雑談」という感じの会話が続く。「雑談」にカギカッコを付けたのは、実際には、緻密な構成が事前に用意されているかもしれないからだが、しかし聴く側が受ける印象は、完全な「雑談」。

ナイツとアシスタントの女性芸人が、自由に会話を進めていく。とりわけナイツの2人による見事なパス回しで、ボールがぐんぐん動いていく。しかし、そのパス回しには、行き着くべきゴールがまったく判然とせず、ただウロウロとボールが動いていく感じが、いかにも「雑談」。

実は『ちゃきちゃき大放送』も、冒頭30分ほどの「雑談」コーナーが最も面白いと思っていたのだが、『ナイツ ザ・ラジオショー』は、それをぐぐっと2.5時間に広げた感じの構成なのである。

逆に言えば、ラジオ番組の基本アイテムとも言える音楽が、一切かからない。当然リクエストも要求しない。いくつかのコーナーやメールの募集もあるにはあるが、番組の骨格は、あくまで「雑談ラジオ」なのである。

さらにさらに驚いたのが、ナイツの2人が、丸腰で臨んでいるような「雑談ラジオ」が、けっこう面白いのだ。抱腹絶倒というよりは、聴いていてニヤニヤする感じの面白さが続くのだが、これがとても心地よいのである。

次ページ思い出すのは「笑っていいとも!」のあの人気コーナー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT