シンガポールの人口が03年来の減、コロナ影響

外国人労働者など1.8万人減り569万人に

9月25日 シンガポールの人口が2003年以来の減少となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う移動規制や失業により、外国人労働者が出国していることが要因。写真は8月17日撮影(2020年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 25日 ロイター] - シンガポールの人口が、2003年以来の減少となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う移動規制や失業により、外国人労働者が出国していることが要因。

年次人口報告によると、シンガポールの人口は1万8000人(0.3%)減少し569万人となった。

シンガポール国籍を有する人は、コロナ禍による帰国などで小幅増加した一方、外国籍は2%減少して164万人、永住権取得者も若干減少した。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT