鈴木茂晴・大和証券グループ本社執行役社長(CEO)--合弁解消のメリットは多い。フリーハンドが増した


--他社との資本提携の可能性はありませんか。

将来的に絶対ないとは言えないが、今は100%ない。財務的に厳しいなら、おカネを集めればいいだけだが、それもまったく意味がない。

--独立系証券は銀行系証券に対して優位に立てますか。

ホールセール業務については、銀行系証券もそこそこやっていけることは証明されている。しかし、リテール業務では、銀行系証券は野村や大和のようにはなれないだろう。かつて銀行系になった証券会社も、いつの間にか力がなくなっている。ことリテールに関しては、野村や大和には「一日の長」以上のものがある。

リスク物の証券を売って損すると、お客さんは怒る。そうした中で、お客さんと向き合ってリスクについてきちんと話をしていける、そういうセールスの強さだろう。銀行の預金はリスクがないに等しいから、ある意味、ただ薦めるだけでいい。セールスのカルチャーが全然違う。

--そうはいっても、銀行のネットワークは魅力的に見えますが。

ネットワークといっても、顧客の個人情報はルール上、商売には使えない。要するに、ネットワークというのは仲介業と何も変わらない。だから、あまり意味がない。

--現状、営業収益で約150億円のアジア・オセアニア部門は2011年度に530億円の目標です。

アジアに関しては以前から強く意識してきたが、銀行との交渉が必要だった。合弁解消で制約がなくなり、早急に決断できた。

これまではアジアの株を日本や欧米の顧客に売るのが主だったが、今回は完璧なフルスペックを考えている。現地で引き受けた証券を現地で売る。要するに、向こうの証券会社になるということ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング