キリン・サントリー「強者連合」決裂の余波


 両社の前期決算では、サントリーの営業利益率が5・3%に対し、キリンは5・6%。会計基準が異なり単純比較はできないが、世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブの24・9%(08年)とは大きく懸け離れている。

仮に統合していれば、過当競争に歯止めをかけて販促費抑制などに踏み切れたはずだ。

すでに縮小傾向の国内市場は閉塞感を強めており、数年前から再編を視野に入れた提携が進む。昨年はキリン・サントリーの行方を見守るメーカーが多かったが、破談を受けて両社を交えた再編が再び活発化する可能性は大きい。

「これまでのキリンともサントリーともまったく違う新しい会社を創る」。交渉を開始したばかりの昨年6月、佐治社長は高らかに語っていた。だがリスクを伴わない「理想論」だけでは、世界企業への新たな道は開けない。

■キリンホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

(倉沢美左 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済10年2月20号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。