発展は「成田」のおかげ、千葉県ご当地鉄道事情

通勤や観光に活躍、個性あふれるローカル線も

千葉県内では東京都心への通勤や空港アクセス、房総観光に鉄道が活躍している(筆者撮影)

今回は、東京のお隣にして埼玉県の宿命のライバル・千葉県の鉄道事情について書くことになった。まあ、筆者の住んでいる東京の隣県なのだからどうということはない……と思ったが、それは大いなる勘違いであった。

よくよく思い返してみれば、筆者は千葉県の鉄道に馴染みが薄い。もちろん取材で訪れたことは何度もあるが、取材以外ではせいぜい中山競馬場に行くときか、成田空港を利用するときくらいなもの。どちらもコロナ禍のおかげですっかり縁遠くなってしまった。

“半島”ならではの特徴

千葉県民ならともかく、近隣都県在住者には筆者と似たような人が少なからずいるのではないかと思う。その理由を考えてみると、千葉県は“行き止まり”だからではないか。埼玉の場合、鉄道で東北・北陸方面に行こうとすればどうしたって通過せねばならぬ。ところが千葉県、なかでも房総半島となると、その先は大海原だから通過するという概念はない。ドーバー海峡ならいざ知らず、太平洋に鉄道トンネルは通っていないのだ。

数少ない千葉県を通過する鉄道に常磐線やつくばエクスプレスがある。常磐線はもとより千葉県ではなく茨城、そして福島へと通じる大動脈。千葉県内を通るのはごくわずかだが、その間に松戸や柏といったターミナルを持つ。いわゆる“チバラキ”のムードがむんむんと漂う一帯である。ただ、この常磐線・つくばエクスプレスルートを除けば千葉の鉄道には“通過”の概念はない。千葉の鉄道は千葉を味わい尽くすためにある、というわけだ。

次ページ県内の充実した鉄道網
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT