就活と婚活、決定的な違いはどこにあるか?

「求めよ、されど……」の時代を生きる、若者たちの理想と意志

思い描いた理想をどんどんと切り崩される過程

多くの若者は就「活」をしているからといって、明確な「意志」を持っているわけじゃない。旧来型のシステムが壊れたから、リクナビのような新たなシステムに身を合わせただけなのだ。それが新しい時代のシステムだから、それに乗り換えただけ。そこに積極性はない。

これが就活と婚活の違いだ。就活は(家業を継ぐ人や一部の恵まれた人を除けば)生きてゆくためにはやむをえない。婚活はそれとは違って、するかどうかは価値観次第だろう。だから婚活する人たちは、婚活を始めた時点で、そもそも積極的である。この二つの間には大きな亀裂があるのだ。

じゃあ、就活と婚活との間に共通点がないのかというと、そんなことはない。共通しているのは、自分の側で相手への条件を設定しておきながら、その条件を極限まで下げてゆかなければならないという構造だ。

就活生ははじめは結婚も含めた自分の理想のライフコースを思い描く。けれど、就活とはその理想をどんどんと切り崩される過程にほかならない。そんなとき、その崩壊を見つめながら、別のライフコースを組み直し続けられるか、それが現実の就活における強さではないだろうか。

もっとも、せいぜい20代前半の若者に、崩される前提で理想を持てと求めるのが酷なのは間違いない。ついには、理想自体を持たないことで自己防衛する就活生が「賢い」ことにもなってしまいかねない。

そんな、ツライ現実を変えるには、白河の主張するように企業全体の、そして社会の「風土」を出産・育児に優しいものにしてゆくほかないけれど、社会は若者のためにそこまで変われるのだろうか。見通しは、暗い。


「週刊東洋経済」2014/4/26号:小売り激変

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT