新日鉄がインドに本格進出、アジア王者にこだわるか


 さらに「高級綱路線は追求したいが、中級品の需要も開発国では強いため合わせてフォローしていく」(宗岡社長)とし、高付加価値品の一辺倒でなく、低価格品での拡大路線も打ち出した。

実際、中計発表から4時間後、新日鉄は次の一手を発表した。インドでのタタ製鉄との合弁会社設立である。12年度にも自動車用鋼板の合弁工場を稼働させ、現地の日系自動車メーカーに供給する。鉄鋼大手では初のインドでの本格的な製鉄事業となる。

「(鉄鋼業界は)進化した国際展開を考えるべき。自動車メーカーなどの積極性に比べ度胸がない。インドでの一貫製鉄所設置も真剣に考えなきゃいけない」。政府関係者からはそんな声も上がっていた。

アジアでは韓国の現代製鉄が初の高炉を稼働し、中国でも製鉄所新設が相次ぐ。はたして新日鉄は“攻め”の手を王者復帰へつなげるのか。

■業績予想、会社概要はこちら

(山内哲夫 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング