日本近海で人命を救う「救難飛行艇」を巡る攻防

漫画「US-2 救難飛行艇開発物語」(第1話)

四方を海に囲まれた日本で現在活躍する「救難飛行艇」が誕生するまでとは?

「US-2」。海上自衛隊が運用する最新鋭救難飛行艇である。

『US-2 救難飛行艇開発物語 (1) 』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

世界で唯一、波高3mの外洋に着水可能なUS-2は、日本の四面を囲む大海原で遭難者の捜索や救助、離島住民の輸送など、過酷な状況下で確実に任務を遂行する。

しかし、多くの人命を救い日本が世界に誇る超ハイスペック航空機も、その完成までは苦難の連続だった。

日本の航空機開発の行く末を占う壮大なビッグプロジェクトを、海上自衛隊、防衛装備庁、開発製造関連企業より全面協力を得、圧倒的リアリティーで描く。『US-2 救難飛行艇開発物語より抜粋してご紹介します。

(協力:海上自衛隊/防衛装備庁/新明和工業株式会社 )

救難飛行艇の後継機

©月島冬二/小学館
次ページUS-1Aはもう過去の機体
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT