予算と安全で揺れる「救難飛行艇」開発のピンチ

漫画「US-2 救難飛行艇開発物語」(第2話)

次期救難飛行艇の主契約会社選出にむけ、新明和工業では、元海上自衛隊OBである顧問との開発会議を行うことになったが――

「US-2」。海上自衛隊が運用する最新鋭救難飛行艇である。

『US-2 救難飛行艇開発物語 (1) 』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

世界で唯一、波高3mの外洋に着水可能なUS-2は、日本の四面を囲む大海原で遭難者の捜索や救助、離島住民の輸送など、過酷な状況下で確実に任務を遂行する。

しかし、多くの人命を救い日本が世界に誇る超ハイスペック航空機も、その完成までは苦難の連続だった……。

日本の航空機開発の行く末を占う壮大なビッグプロジェクトを、海上自衛隊、防衛装備庁、開発製造関連企業より全面協力を得、圧倒的リアリティーで描く。『US-2救難飛行艇開発物語』より抜粋してご紹介します。

(協力:海上自衛隊/防衛装備庁/新明和工業株式会社 )

この記事の漫画を読む(37ページ)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT