幸福論 “生きづらい”時代の社会学 ジグムント・バウマン著 高橋良輔・開内文乃訳 山田昌弘解説 ~2000年を経ても変わらない幸福論


 本書のエピグラフには「幸せに生きたいという願いは、すべての人に共通である」という言葉から始まるローマ帝国時代の詩人セネカの「幸福な人生について」の一節が載っている。この願いを、より多くの消費(GDP)で叶えようと企んでも「かえって幸福からの乖離をもたらしてしまう」(解説)と山田昌弘氏はいう。

それではどうすればよいのか。バウマンは「なにが人生を幸福にするのかはっきりわかるようになるには……手さぐりで明かりを探さなければならない」とセネカの言葉を繰り返す。これは決してバウマンによる幸福論の桎梏(しっこく)ではない。むしろリキッド・モダニティにも通用する2000年を経ても変わらない幸福論なのである。

Zygmunt Bauman
ポーランド出身の社会学者。英リーズ大学、ワルシャワ大学の名誉教授。1925年ユダヤ系ポーランド人の家に生まれる。39年ソビエトに亡命。43~53年ポーランド陸軍。ワルシャワ大学講師、社会学協会理事長ののち、イスラエルなどを経てイギリスへ。

作品社 2520円 281ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT