ホンダの「最新スーパーバイク」正統進化の凄み

「CBR1000RR-R」は完全新設計モデルで発売

ステップは従来モデルに比べて上に上がり、後方に下がったので、スポーツライディング時におけるコントロール性が向上している。市街地では、50km/h巡航6速ギア2000回転で、しっかりとエンジンレスポンスが得られることに驚きだ。217.5馬力/1万4500回転のエンジンを、わずか2000回転という低回転で乗れてしまうのだ。

また、エンジンキャラクターは市街地に対応した扱いやすいもので、加減速時にも唐突なフィーリングはなく、まるで600cc程度のツーリングモデルのようにも乗れてしまう。高速道路を100km/h巡航するときのエンジン回転数はわずか4000回転で、1000cc級スーパースポーツマシンとしては低めだ。

つまりCBR1000RR-Rは、市街地でも高速道路でも、その素性のいいエンジン特性を生かして、ジェントルな走りに徹することができるのである。

サーキットコースで「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」に試乗する筆者(写真:©Nozomi Fujimura)

制御関係に話を戻せば、デフォルトで設定された3つのライディングモードの内容で十分であることも付け加えたい。

サーキット走行も見据えたトラックモードの「ライディングモード1」、スポーツモードの「ライディングモード2」、雨天時にも対応した乗り心地のいい「ライディングモード3」があり、さらに個人設定も可能だが、マシンに対する要求が明確でない場合は、CBR1000RR-Rの持つ性能バランスを崩しかねない。

筆者の個人的な見解では、サーキットではフルパワー&固めのサスペンションセットのライディングモード1で、市街地では快適モードのライディングモード3。高速道路やワインディングでは、適度に腰のあるライディングモード2で楽しむことができた。

CBRファンにとっても「究極の1台」に

CBR1000RR-Rは、ブレーキ関係にイタリアのブレンボ製キャリパー、サスペンションにスウェーデンのオーリンズ製サスペンションを採用していることもあり、コロナの影響で4月以降、生産ラインを一時止めることとなっていたが、現在は部品輸入も再開され、順調にデリバリーが進んでいる。

日本国内での販売予定は、800台。待ち焦がれていたファンも多く、受注は好調と聞く。永きにわたりCBRブランドを愛してやまないファンにとって、究極の1台となることは間違いない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT