どうなる日経平均、GWは休むも相場なり?

すきやばし次郎は高いけど、映画なら楽しめる

【4月23日(水)】西武ホールディングス(9024)が東証1部に9年4カ月ぶりに再上場した。初値は公募価格と同じ1600円。終値は高値引けの1770円。公募価格を決めるブックビルディングでは、値幅制限の下限で決まったので、どうなることかと見ていたが、意外と強かった。上場廃止となる最終売買日(2004年12月16日)に485円だったので、ここで買った人は報われたことになる。西武ホールディングスの2013年の配当は、2.5円+4.5円=7.0円(年間)だし、株主優待も実施していて、売買の取引ができないだけであったのだ。16時、コンセック(9895)の平成26年3月期の通期業績予想の修正および期末配当の修正に関するお知らせがあり、期末配当が1円から2円に増配となった。もう売ってしまったが、配当の権利はあるので、うれしい。本日終値は6円安の173円。

オバマ米大統領来日、夜、銀座「すきやばし次郎」へ。「すきやばし次郎」は、世界のセレブも訪れる名店で、ミシュランガイド東京では5年連続三ツ星を獲得している。昨年の2013年2月にアメリカ人監督によって(ドキュメンタリー)映画化されている(『二郎は鮨の夢を見る』)。世界30カ国で公開もされた。

二郎さんの映画は、マイベスト5に入る映画!

私は2013年2月6日に東京テアトルの優待券を使って、ヒューマントラストシネマ有楽町で見て、そのまま徒歩数分のところにあるお店を見に行ったのだが、ビルの地下にあって「なんだ、こんなところにあるんだ」と思った。カウンター10席のお店で3万円からであるが、今回のことで庶民にはますます手が届かないお店となってしまった。

近所のツタヤに行ったら、レンタルDVD(準新作)で映画『二郎は鮨の夢を見る』が1枚あり、レンタル料は7泊8日でたったの86円(キャンペーン中)だそうだ。私は昨年、映画館で151本の映画を見たが、個人的にベスト5に入る作品だったので、興味のある方はゴールデンウイークにでも借りて見てみたらいかがでしょうか。また、これからお店に行こうと思う方は、ぜひ映画を見てから行くのがいいと思います。

【4月24日(木)】昨日、業績&配当を上方修正したコンセックは、買い気配スタート。9時12分に寄り付き、25円高の198円。4月9日に180円で9000株(保有株全部)売っている。高値210円の年初来高値をつけ、終値16円高の189円。日経平均は141円安の1万4404円と大幅安。 

【4月25日(金)】週末の日経平均は、24円高の1万4429円。週間ベースでは87円安。

【4月26日(土)】午前3時、日経225先物は180円安の1万4280円。NYダウはウクライナ情勢緊迫化で、140ドル安の1万6361ドル。週間ベースでは47ドル安。1ドルは102円14銭、1ユーロは141円30銭。ゴールデンウイーク突入であるが、今年は日並びが悪く飛び石状態。「休むも相場」か。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT