日本株は減税、GPIF、追加緩和頼み?

あまり儲かってないのに、今年はもう5月だ

再開発で賑やかになった東京・日本橋。外国人観光客も増えているようだ。この流れが筆者の持ち株にもプラスに働くといいのだが…(撮影:今井康一)
NYダウが史上最高値を連日更新する中で、日経平均は1万4000円台でウロウロ。相変わらず薄商いで盛り上がりに欠けているが、カリスマ投資家の内田氏はどんな取引をしていたのか。また今後の相場観は? 株日記で見てみよう。

 

この連載の一覧はコチラ

【4月28日(月)】先週末のNYダウは、140ドル安の1万6361ドルと3ケタの下落。日経平均株価も141円安の1万4288円と、下げるときだけNYダウにお付き合い。ゴールデンウイーク入りで、東証1部の出来高は17億4500万株、売買代金1兆6300億円と商いも少ない。

【4月29日(火)】日本は「昭和の日」で休場。NYダウは87ドル高の1万6448ドルと反発。

えっ? 独禁法違反容疑の高砂熱学が、上方修正?

【4月30日(水)】日銀は、金融政策決定会合を開き、金融緩和継続を発表したが、日経平均は15円高の1万4304円と株価上昇の材料とはならず、すでに織り込み済み。3月末の日経平均は1万4827円だったので、月間ベースでは523円安となった。引け後、空調工事トップの高砂熱学工業(1969)が、特別損失の計上と業績予想の修正を発表した。

北陸新幹線の設備工事の入札に関し、独占禁止法違反容疑により発生しうる課徴金納付に備え、2014年3月期決算に特別損失として約7.2億円を計上することとなったが、期初の見通しに比べて工事採算性が改善。一方で販売費および一般管理費は減少したため、営業利益、経常利益、当期純利益ともに期初計画を上回る見込みとなった。

連結当期純利益は37億円から40億円(1株当たり当期純利益は49円から53円)に増額修正。東証の信用残を見てみると、売り残高19万5600株、買い残高5万1200株で、信用倍率は0.26倍(日記執筆時である4月30日現在)と売り長。おそらく、北陸新幹線の件で業績下方修正し株価下落を予想して、信用売りしていた人が多かったのではないか? それなのに、たった3億円だが、まさかの業績上方修正で、売り方にとってはサプライズ。

次ページあっという間に、今年の3分の1が終わってしまった……
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT