普段意外とできていない「正しい呼吸」の仕方

ちゃんとした呼吸に導く9つのエクササイズ

胸筋をほぐす:壁に向かって立ち、ボールを鎖骨の下、胸骨のあたりに当てる。そして壁に体を預け、ボールを鎖骨の下のくぼみに沿って上下左右にゆっくり転がそう。胸の反対側も同じようにマッサージする。

(イラスト:Brown Bird Design)

助間筋、背中上部とほぐしていく

肋間筋をほぐす:体の側面を壁に向けて立ち、壁に近い方の腕を頭の上に上げ、手のひらを壁につける。脇の下方、肋骨の一番上のあたりにボールを当て、壁に寄りかかって優しく前後に体を揺すろう。次にボールの位置を2~3センチ下げ、同じことを繰り返す。1番下の肋骨までたどり着いたら、反対側も同じようにマッサージしよう。

(イラスト:Brown Bird Design)

背中上部をほぐす:壁に背を向けて立つ。そしてボールを背中の上側にある僧帽筋の1番高い場所に置いて壁に寄りかかる。あとは膝を曲げたり伸ばしたり、かかとを上げたり下げたりして、肩甲骨の外側のラインに沿って優しくボールを転がそう。タンクトップの紐のラインをなぞるような気持ちでやること。反対側も同じようにマッサージする。

(イラスト:Brown Bird Design)

首をゆるめる:仰向けに寝て、ヨガブロックか分厚い本を頭の下に置く。頭を右に向けて、ボールを耳の後ろあたりの首筋に当たるように置く。深く息を5回したら、優しく3~4回うなずく動きをしよう。最後に頭を3~4回振る。向きを変えてもう1度。

(イラスト:Brown Bird Design)

姿勢が悪いと横隔膜の動きが制限され、血流や消化といった活動も阻害される。以下のエクササイズは足を伸ばし、背筋を伸ばして肩を開くもの。肩を後ろに引っ張り、背骨を緩ませる効果もある。

次ページヨガでおなじみのあのポーズも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT