農業よ農民よ!経営者たれ 直売所革命vs「6次産業」化--木内博一・農事組合法人和郷園代表理事/長谷川久夫・農業法人みずほ代表取締役社長

加熱商材のゴボウ、ニンジンなど根菜はまだしも、レタスなど葉物は完全無菌、絶対安全でなければならない。それには、外界から遮断し、人口光、空調完備、無農薬の植物工場だ。もし、無菌のレタスをよそが供給したら、やがて根菜類もそこが供給する。根菜は和郷園の稼ぎ頭の一つ。攻撃は最大の防御なのだ。

今や、みずほの村と和郷園の方向べクトルは必ずしも同じではない。が、完全な一致点がある。農家の戸別所得補償について、である。

「堕農(の政策)だよ」。長谷川はニベもない。最も手厚く保護されたコメがどうなったか。価格は10年で3割下落した。補償分だけ、足元を見透かされて価格がまた下がる。

木内の表現はより穏やかだ。「民主党は一方で、農業は産業化に向けた連携を考えよ、と言っている。それと戸別所得補償は相反する。つまり、戸別補償は暫定措置、ということでしょう」。自立の覚悟、経営者たらんとする決意がないかぎり、日本農業の生き残りはありえない、ということである。=敬称略=

きうち・ひろかず
1967年千葉県生まれ。85年匝瑳高校卒業、89年農業者大学校を卒業。91年産直を開始。98年和郷園設立。冷凍・加工、流通、海外生産も手掛け、「日本農業は技術も品質も、圧倒的に世界一」と言う

はせがわ・ひさお
1948年茨城県生まれ。66年谷田部農業高校卒業、68年に就農。90年みずほ設立。94年つくば市議会議長。農家による価格決定権の奪還、適地適作・適材適所の「日本型農業経営」の確立を唱える

(撮影:今井康一、代友尋 =週刊東洋経済 2010年1月30日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。