iPad新OSで「手書き入力」が飛躍的に便利になる

試用版をインストールして実際に使ってみた

今秋に配信されるiPadOS 14で目玉になる新機能が、手書きの文字をデータに変換する「スクリブル」だ(筆者撮影)

6月にオンラインで開催されたWWDCでは、iPadの新たな進化の方向性も見えてきた。秋に配信されるiPadOS 14では、Apple Pencilの用途が大きく広がる。目玉になるのが、手書きの文字をデータに変換する「スクリブル」だ。残念ながら、同機能は当初、英語と中国語のみの対応となるが、アルファベットや数字は、普段、日本語を使っているユーザーでも利用する機会は多い。

この連載の一覧はこちら

スクリブルは単に手書き文字を変換するだけでなく、範囲選択や文字列の削除などにも利用できる。日本語には非対応ながら、利用機会は多くなりそうだ。

数字や簡単なアルファベットの文字列であれば、タッチパネルに表示されたキーボードにタッチするより、素早く入力できる。昨年、iOSから派生する形で誕生したiPadOSだが、iPadOS 14では、ウィジェットをホーム画面に置くことができなかったり、アプリ一覧のAppライブラリーが搭載されなかったりと、iOSとは異なる方向に進化している。

秋の正式版配信に先立ち、アップルはパブリックベータ版を公開した。アップルのサイトで簡単な登録を済ませてから、プロファイルをインストールするだけで、ユーザーなら誰もが利用可能だ。バグなどが残っている可能性もあるため、万人にオススメすることはできないが、一足先に使ってみたい人は、インストールしてみてもいいだろう。

ここでは、そんなiPadOS 14の注目機能の中から、ビジネスに役立ちそうなものをピックアップして紹介する。なお、パブリックベータ版の画面は本来、一般公開が禁止されているが、本稿では取材に基づく特別な許可を得たうえで掲載している。

1.検索やURLの入力に便利な「スクリブル」

スクリブルとは、手書きの文字を読み取り、文字データに変換する機能のこと。iPadOS 14の目玉といえる機能の1つだが、残念ながら日本語には非対応。Apple Pencilで手書きのメモを取りながら、それをコピーしてメールにペーストして送る……といったことができるのは、英語と中国語のみとなる。

ただし、スクリブルは、メモのような特定のアプリだけでなく、SafariのURL欄や各アプリの検索欄など、利用シーンの幅が広い。英語と数字は認識できるため、メモ以外の用途で利用する機会はありそうだ。

次ページ便利なのが、URLを入力するようなとき
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT