資生堂が初の大型買収、攻めあぐねる北米市場


 ベア社買収について前田社長は、「真のグローバルプレーヤーになるという目標に一層近づく」と大きな期待を寄せる。グループ全体に占める米国売上比率は、8%から14%へ欧州並みに拡大する。これを弾みにブランド拡充を積極化し、17年度には海外売上高比率5割超という成長戦略を描く。その視線の先にあるのは、強豪の欧米勢と肩を並べて戦うことだ。

とはいえ懸念材料もある。これまでは「資生堂」という単一の看板ブランドを磨き上げることで、国内外に地盤を築いてきた自負がある。裏を返せば資生堂のネームバリューに頼ってきたともいえる。

過去最大規模となる今回の買収を、海外攻略のチャンスにできるのか。真のグローバルプレーヤーに脱皮できるかが試されている。

■資生堂の業績予想、会社概要はこちら

(島田知穂 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT