営業デビュー、新型新幹線「N700S」の乗り心地

颯爽と運転開始、車内は一段と落ち着き増す

それに対して今回は、経産省実証事業やNEDO事業(アジア省エネルギー型資源循環制度導入実証事業)として取り組まれてきた「レーザーによる選別」技術を採用することで、700系・N700系のさまざまな合金種別が混ざった廃車スクラップ材の中から6000系合金(Al-Si-Mg合金:Siは硅素、Mgはマグネシウム)だけを抽出して、品質を下げないリサイクルに取り組んだ。これにより混合する新地金の量やエネルギーを減らし、またカスケードリサイクルとして売却していた量を低減させる。この循環リサイクルは、高速鉄道として世界初の取り組みとなった。

J0編成は所定の16両編成14M2Tのほか、先頭車両にもモーターを搭載した全電動車(16M)編成での試験、さらに8両編成(8M)での基本性能試験を実施し、標準車両としての性能評価、機能確認を進めてきたほか、16Mの編成では東海道区間での営業最高速度である時速285kmを大幅に上回る時速360kmでの走行試験を米原―京都間で行った。これまでに試験専用車両300Xでは時速443kmの記録があるが、営業車ベースの車両による速度としては今回が最高速である。

海外展開に向けてのぞかせる自信

また、長時間停電時に自律走行可能となるバッテリー自走システムによる走行試験は、浜松工場での時速5km走行を皮切りに、三島基地での時速30km走行、そして本線(浜松―静岡間)走行を行い、走行性能だけでなく指令を含めたやりとりの確認を行った。

『鉄道ジャーナル』2020年9月号(7月18日発売)。特集は「東京圏再発見」(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

JR東海は、バッテリー走行をはじめ試験のすべてにおいて良好な結果が得られたとする中でも、時速360kmまでの試験を行えたことは、海外展開に向けてN700Sの高いポテンシャルを示すことができた、とする。

また、新型コロナウイルスの影響で東海道新幹線の輸送量は一時的に大きく下がったが、東京〜名古屋〜大阪の大動脈をつなぐ役割は変わらないとして、「今後もN700Sを投入してゆきながら東海道新幹線の輸送をしっかり支えてゆきたい」としている。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT