これだけは押さえたい「大災害でもらえるお金」

知らないと損をする"生活再建"のための税制

今も被災地に大きな爪痕を残す「令和2年7月豪雨」。被災者にぜひ活用してもらいたい制度とは?(写真:ロイター/アフロ)

2020年7月に九州を襲った豪雨によって、大規模な洪水が発生。被災地では土砂や使用不能な家具の搬出が思うように進んでいないようです。

近年は地震よりも風水害による被災が増えています。今回は、すでに被災した方々だけでなく、今後被災する可能性がある日本に住むすべての人に知っておいていただきたい、大規模災害で被災した場合の生活復旧と支援制度を紹介します。

被災者生活再建支援法による支援金

ご自身が大規模災害で被災し、避難している間に自宅が水没するような事態になると、どのようなことを考えるでしょうか。当初は頭が真っ白になるかもしれません。

ただ、生きていくためには衣食住が不可欠です。お腹が減るのは止められませんし、トイレに行かないわけにはいきません。安心して寝られる場所や翌日の着替えも必要です。身ひとつで難を逃れたとすると、住む場所がありません。生きていくにはお金がかかりますが、通帳や印鑑が手元にない可能性もあります。

このような何もない状態に明かりを灯す、被災者の生活再建を支援する制度が存在します。

被災者生活再建支援法では、住宅が全壊するなど生活基盤に著しい損害が発生した場合、1世帯当たり最大300万円(全壊100万円、建設・購入200万円)が支給されます。住宅の全壊で支給される100万円があれば、生活必需品の購入などは公的支援で賄うことができるでしょう。

次ページこれまでの支給総額は5000億円近く
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT