令和2年7月豪雨に見た災害級の雨が多発する訳

東京19日続く雨、梅雨前線停滞するメカニズム

九州地方を襲った豪雨は局所的に甚大な水害をもたらしました。(熊本で7月5日に撮影、写真:ロイター)

「平成最悪の水害」といわれた「平成30年7月豪雨(通称:西日本豪雨)」から2年。「令和2年7月豪雨」の全国アメダス地点における降水量の総和は、それを上回りました。

7月3日夜から九州に線状降水帯ができて局地的に猛烈な雨が降り、熊本県を流れる球磨川が氾濫して広範囲が浸水。4日に熊本県と鹿児島県に大雨特別警報が出され、6日から7日には福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報が発表されました。

7月4日の天気図(出典:weathermap)
7月6日の天気図(出典:weathermap)

その後、東日本が大雨の中心となり、7月8日朝には岐阜県と長野県に大雨特別警報が出され、岐阜県を流れる木曽川水系飛騨川などが氾濫、土砂災害が発生しました。

さらに翌週、7月13日から14日には中国地方でも大雨となり、島根県を流れる江の川下流が氾濫、広島県で土砂災害が発生しています。

多くの河川の氾濫、広範囲での浸水・冠水、土砂災害などによる被害は甚大で、7月16日時点の死者は76人、心肺停止1人、行方不明者8人です。

「令和2年7月豪雨」の特徴

「令和2年7月豪雨」の特徴の1つは、長い期間にわたって断続的に大雨となったことです。

原因は、梅雨前線の停滞です。気象庁職員も「記憶にない」というほど長期間にわたり、日本付近に梅雨前線が停滞しています。

このため、梅雨明けが遅くなりそうです。

すでに奄美では、観測史上最も遅い記録を更新しています。奄美の梅雨明け平年日は6月29日、これまで最も遅い記録は7月15日でした。九州南部でも平年日の7月14日をすでに過ぎています。

そして、関東甲信は7月21日ですが、平年より遅くなる見込みです。東京では6月30日から7月18日まで19日連続で雨が観測されていて、これまでにない梅雨となっています。

次ページ梅雨前線が停滞する2つの原因
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT