久しぶりのユーロ相場上昇をどう読むべきか

米独金利差縮小に伴う見直し買いは続くのか

久しぶりにリモートをやめて膝詰め談判を行ったが、やはりまとまらないEU首脳会議(写真:European Council)

為替市場では久々にユーロドル相場が注目を集めている。7月15日は一時1.1452ドルをつけ、3月10日以来、約4カ月ぶりに高値を更新した。7月16日時点で対ドルの変化率に着目すると、年初来でプラス2.2%、過去3カ月でプラス5.3%、過去1カ月でプラス1.4%という仕上がりになっており、4月以降の過去3カ月における動きが突出して大きいことがわかる。

この3カ月で特別な変化が起きたということはないが、アメリカとドイツの10年物国債の金利差は2月をピークとして急縮小に転じ、4月以降は平均1~1.1%ポイントとそれまでの半分で推移し、今に至っている。

出遅れのユーロはまだ上昇するか

そうした欧米金利動向にもかかわらず、ユーロは3月に1ユーロ=1.06ドル台まで下落し、4~5月の2カ月は1.08~1.10ドルのレンジで軟調な取引が続いた。しかし、6月に入ると前半の2週間で2%上昇し、1.14ドル台をつける場面が見られ始めた。その後、やや軟化する時間帯も挟みつつ、5月下旬を境としてユーロドルのレンジが1.12~1.14ドルへシフトアップした感はある。

金利差がほぼ消滅する中、「欧米金利差○○ポイントの縮小でユーロドルは△△%上昇」というストレートな関係は見出し難いが、後講釈を承知で言えば、3月~5月の局面は「欧米金利差の大幅縮小(米金利の相対的な大幅低下)にもかかわらず、ユーロドルが軟調すぎた」という印象はある。現状は、「金利差に沿った為替調整が遅れて発生している」とも言える。

1.14付近は年初来高値圏であるが、欧米金利差が縮小する前につけていた水準でもある。「金利差に見合った調整」ならば、もっと上昇して1.15~1.20のレンジに移行できるかが注目であろう。

次ページユーロ上昇は今が瀬戸際?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。