熱が出たら即「解熱剤」に頼る人に伝えたいこと

コロナ対応、「やりがちなNG」はコレだ!

新型コロナウイルスを必要以上に怖がらなくていい理由とは?(写真:PanKR/PIXTA)  
新型コロナウイルスによって、見えない感染への恐怖心や不安感をあおられている人も多いはず。そんな人たちのために「感染を恐れない」ための著書を上梓した、アメリカでウイルス学研究に携わった自然派医師の本間真二郎先生がズバリ。これを知っていれば第2波、第3波があっても怖くはない!

熱は下げる必要ナシ

新型コロナに限らず、ほとんどの発熱には解熱剤は必要がないと考えています。熱が上がるというのは、免疫力を上げるための作用です。

解熱剤は、せっかく自分で上げた免疫力を下げることになります。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

細菌やウイルスが熱を出しているのではなく、それに対処するために自分で熱を上げています。

ほとんどのウイルスは熱に弱いので、熱が上がることは、ウイルスを弱らせる、免疫力を上昇させる、その両方に作用します。

子どもや高齢者であっても基本的には熱を下げる必要はありません。

解熱剤を飲んで風邪が治るわけでも、新型コロナを退治できるわけでもないからです。

解熱剤は熱という症状を抑えているだけで、病気を治す目的からすると、免疫力を下げてしまい逆効果です。

子どもの場合、高熱によって脳炎や脳症が起こることを心配される方がいますが医学的にはありません。熱ではなく別の原因で脳炎、脳症という状態が起きて命にかかわってきます。

唯一、例外は熱中症です。延髄にある体温調節中枢が、高熱によって麻痺(まひ)し、体温がどんどん上がってしまい命にかかわってくるので、急速に熱を下げる必要があります。

それ以外は、たとえ高熱であっても基本的には脳内に影響を及ぼし、後遺症につながるようなことはありません。

症状がつらい場合は、氷枕などを使ってマイルドに熱を下げるのがいいでしょう。

次ページ手の洗いすぎは逆効果に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。