エタノール・ハイブリッド車こそ本命だ--『ゼフィラム』を書いた楡周平氏(作家)に聞く

エタノール・ハイブリッド車こそ本命だ--『ゼフィラム』を書いた楡周平氏(作家)に聞く

--テーマが、バイオエタノール燃料のハイブリッド車開発とは斬新です。

発想の原点は、さかんにCO2の削減といわれているが、CO2吸収資源に目を向けないでいいのかということにあった。COP15にしても吸収資源の保護にはまったく話が及ばない。これはナンセンス。

--吸収資源……。

南アメリカのアマゾンはじめ、手つかずの熱帯雨林を守るというのがイメージとしてはわかりやすい。ただ、そこはそれぞれの国の自治下にあり、その国も他国から「大事な資源を持っているのだから守れよ」と言われても、「何でそちらの都合に合わせて開発をやめなければいけないのか」と争いになってしまう。ことほどさように国家間のレベルでは地球規模の環境問題の解は複雑だ。

--燃料エタノールはブラジルのサトウキビ農園でつくることに。

エタノールはほぼカーボンフリー。これを燃料にしたハイブリッド車は、ある意味究極のクリーン車になる。本のタイトルにラテン語のゼロを意味する「ゼフィラム」をつけたゆえんだ。

エタノールはガソリンと互換性がある。エタノールを抽出するサトウキビ農園で使われる動力車はすべてエタノール車。電力もサトウキビのバガスという搾りかすを燃やして発電させる。リサイクルのパターンが生産工程の中で出来上がっている。

ブラジルにとっても、エタノールの生産事業が大きくなれば国の産業の柱ができる。それによる生活向上が、アマゾンの焼畑を止める。そういったサトウキビ・プラントの大きな仕組みを描けるのは、国というより企業だろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT