アウシュビッツを生き抜いた精神科医の言葉

「夜と霧」で考える、不条理との向き合い方

精神科医フランクルがアウシュビッツに送られ、壮絶な日々の中でも希望を捨てず「生きる力」となったものとは

私たちが人生につまずいたとき、どのように希望を持てばよいのか。日々の生活に疲れたとき、生きる意味をどう見つければよいのか。そうした人生の悩みに、真摯に答えた「名著」がいまも感動を呼び続けています。

『マンガでわかる世界の名著』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

それは、ヴィクトール・フランクルの『夜と霧』です。アメリカでは「私の人生に最も影響を与えた本」のベスト10にも入りました。

ナチス強制収容所での著者みずからの体験をつづったこの本は、実はナチス・ドイツの犯罪を糾弾する目的だけで書かれたものではありません。著者のヴィクトール・フランクルは、現代の私たちに優しく語りかけてくれます。収容所のような過酷な環境であっても、「人生に意味は必ずある」と。私たちに「生きる力」を与えてくれる──それこそが、『夜と霧』を世界的ベストセラーにした最大の要因です。

未曾有の大災害となった、2011年の東日本大震災。その衝撃も冷めやらぬころ、被災地の書店で『夜と霧』が静かなベストセラーになった現象がありました。あれほどつらく悲しい経験をした人々が、なぜこの本にひかれたのか。社会が浮足立ついまこそ、古典的名著をマンガで解説した新刊『マンガでわかる世界の名著』(NHK「100分de名著」制作班 監修)から『夜と霧』の勇気のメッセージを味わってみませんか。

強制収容所へ送られ、ついに…

次ページ1つの概念だった「アウシュビッツ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT