カニエ・ウェスト「次の米大統領狙う」男の正体 史上初「黒人ラッパー大統領」誕生の可能性も

印刷
A
A

実際、彼が「Make America Great Again」の野球帽をかぶってトランプとツーショットを撮った時には、黒人のトランプ支持率が11%から倍の22%に上がったのである。

だから、ウェストの立候補は、オバマの副大統領だったという事実に恩恵を受けているバイデンにとって脅威となりえるのだ。黒人票のおかげもあって厳しい民主党の候補者争いを勝ち抜いてきた彼が、その大事な支持層をいくらかでも失うことになれば、結果的にトランプに有利に働く。事実、ウェストの本当の狙いはそこにあるのではとの声も、すでに聞かれている。

「ウェスト大統領」の可能性ゼロではない

仮にもし本当にウェストが大統領を狙っているにしろ、チャンスは「完全にゼロ」というわけではない。

そもそもトランプが出馬したときだって、アメリカのメディアは彼をずっとジョーク扱いをしてきたのだ。「You’re Fired! (お前はクビだ!)」のキャッチコピーでリアリティ番組のスターとなった彼が本当に大統領になるとは、誰も予測していなかった。

とはいえ、トランプの場合は共和党からの立候補だったので、ウェストが独立候補として出るなら条件は同じではない。しかし彼が今後、そこをクリアする方法を考え出す可能性もなくはない。

もしリアリティ番組のスターが2回続けて大統領になれば、アメリカの将来は、それこそ目も当てられないことになる。キムが「ホワイトハウス限定版」などとうたって服やインテリア、香水を出したら、もはやこの世の終わりだ。

SFドラマ『スター・トレック』のオリジナルキャストで日系人俳優のジョージ・タケイは、「カーダシアンがホワイトハウスに入るって? 悪いけど、僕が宇宙船の隊員である間はやめてくれよ」とツイートした。

『スター・トレック』の舞台は22世紀半ばから24世紀にかけて。彼の言うとおり、少なくともその時まではやめてくれないだろうかと真に思う。本音を言うなら、24世紀の終わりにも、そしてその後にも、やめてほしい。世の中のために、正しい意図と資格を持たない人がリーダーになることはもう絶対に起こってほしくないと、個人的に強く願っている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT