「KIMONO問題」起こしたお騒がせセレブの正体

渦中の女性「キム・カーダシアン」とは何者か

矯正下着ブランド「KIMONO」は、日本の着物と似ても似つかずSNSで批判が殺到。それでも動じることなくブランドを出した「キム・カーダシアン」とは何者なのか?(写真:FilmMagic/Getty Images)

6月25日に発表されたアメリカの矯正下着ブランド「KIMONO」が、日本時間今月2日、早くも撤回となった。

日本の民族衣装である「着物」とは似ても似つかない、肌を露出したその商品写真は、確かにショッキングで、発表直後は、SNSで批判が殺到するだけでなく、「きもの文化」の中心地である京都市が抗議文を公式サイト上で公開する騒ぎになっている。

「KIMONO」の商品写真をInstagramで紹介している(Instagram:https://www.instagram.com/p/BzIi3CFHaXb/?utm_source=ig_web_copy_link ※現在アカウントは削除されている)

さらに世耕弘成経済産業相がツイッター上で「着物は日本が世界に誇る文化です。しっかりと審査してくれるよう、アメリカ特許商標庁にも話をしたいと思います」と述べており、政府間の問題にまで発展しそうな勢いだった。

だが、アメリカではとくに大きなニュースとして扱われたわけではなかった。実際のところ誰も驚いてもいないというのが事実だ。着物への思い入れが違うというのも1つだが、いちばんの理由は、このブランドを出したのが「キム・カーダシアン」だからだ。

「キム・カーダシアン」とは何者か?

日本に住んでいると、彼女がいったい何者なのかよくわからないという人が大多数だろう。それも当然のこと。彼女は、演技がうまいわけでも、歌が歌えるわけでも、何か意義のあることをしているわけでもない。

時々出てくる「有名なことで有名になった」セレブの1人だ。本人もそれを十分に認識し、好き嫌いを言わずにどんなネタも餌にしてきた。言ってみれば、ジャンクフードで育った、脂肪だらけの虚名人。それが、彼女なのである。

そもそも彼女が知られるようになったのは、2007年に起きた自身の性行為を映したビデオテープの流出事件だ。その頃から、パリス・ヒルトンのリアリティー番組「シンプル・ライフ」に友人として出演していたが、その後に放映開始した自分の家族の日常を追ったリアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で、一気に人気者になる。

問題のテープを500万ドルと引き換えに販売許可したタイミングがあまりに絶妙だったため、流出は番組の宣伝のためにやったことだと言う人も少なくない。

次に、NBA選手クリス・ハンフリーズとの結婚があった。彼女を時の人にしたのが、これだ。この大規模な結婚式にかけた予算は、推定600万ドル(およそ6億円)。「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」をもつE!チャンネルは、当日の模様を2回に分けて特別番組として放映。

結婚式の写真は雑誌『People』がカーダシアンに150万ドルを払い、11ページにわたって独占掲載した。式までの数カ月、指輪は、ドレスはと、この話題を聞かない日はない、相当なフィーバーが起こったものだ。

次ページところが3カ月も経ずして離婚
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。