「KIMONO問題」起こしたお騒がせセレブの正体

渦中の女性「キム・カーダシアン」とは何者か

アメリカでは、大物の俳優や女優は、ディオールやシャネルなどのミューズに選ばれるとかは別として、基本的にコマーシャルに関わらないものだが、彼女の場合はなんでも歓迎。

イギリスのコメディアン、リッキー・ジャーヴェイスは、カーダシアンをケイト・ミドルトンと比較し、「もっとうるさくて、下品で、ちょっと酔っ払っていて、簡単に金で買える」と言ったが、それはまさに言い得ている。

いくら非難されても、彼女は気にしない。その精神的強さは、家族全員が持つもので、この家族の伝統とも言えるのだ。

キム・カーダシアンとお騒がせ一家

例えば彼女の血のつながった父は、1994年のニコール・ブラウン殺人事件で、ブラウンの元夫O・J・シンプソンの弁護士を務めたロバート・カーダシアンである。

世間がみんなクロだと思っていたシンプソンを、彼を含む弁護士チームは、見事、無罪に持ち込んだ。彼自身も、シンプソンが無実だと完全に信じてはいないことを後に認めているが、1ミリくらいはあったかもしれない正義感はすっぱり捨て、アメリカ中が見守る、まさに世紀のリアリティー番組とも言える場で、スターの1人を演じてみせたのである。

一方、血のつながらない父(母クリスの再婚相手)は、1976年のモントリオールオリンピックに、男子陸上選手として出場したブルース・ジェンナーだ。彼は2015年、トランスジェンダーだとカミングアウトし、ケイトリン・ジェンナーと改名している。

その後は、ロングヘアにメイク、肌を露出した姿で雑誌『Vanity Fair』の表紙を飾ったり、女性として堂々と生きる新しい毎日を描くリアリティー番組「女性になったカーダシアン家のパパ」を始めたりするなど、非常にプライベートであるはずのことを積極的にビジネスに結びつけ、注目度を上げた。

姉や妹たちもまた、ソーシャルメディアやゴシップの常連だ。そうやって、家族体制で途切れることなく話題を提供してきたからこそ、15年ほど前にはもっと有名だったパリス・ヒルトンや、ずっと才能のあるリンジー・ローハンよりも、長く生き延びることができたのである。

この「KIMONO」プロジェクトだって、商品が1つ売れるより前に、もう役目を果たしてくれた。来年の今頃、この下着ブランドの話をしている人は、おそらく誰もいないと思われる。だが、それならそれでもいいのだ。

すでに彼女の頭の中では、きっと、次に何をやれば騒いでもらえるか、数々のアイデアが渦巻いているはず。そしてアメリカは、またこいつかと言いつつも、適当に相手にしてくれることだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT