ZHDとLINEの経営統合完了、10月よりも遅れる

最新のスケジュールは決定次第発表の見通し

 6月30日、ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とSNSサービスのLINEは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、経営統合の完了時期が当初予定していた2020年10月より遅れるとの見通しを明らかにした。写真は2014年9月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)<4689.T>とSNSサービスのLINE<3938.T>は30日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、経営統合の完了時期が当初予定していた2020年10月より遅れるとの見通しを明らかにした。

ZHDとその親会社のソフトバンク<9434.T>、LINEと親会社のネイバー<035420.KS>は昨年12月、ZHDとLINEの経営統合に関する最終合意書を締結したと発表した。

その後、国内外の競争当局との間で必要な手続きなどの対応を進めてきたが、新型コロナの世界的な感染拡大の影響などにより、一部の国で競争法に基づく手続きが完了していないという。

経営統合の最新のスケジュールについては、決定次第速やかに発表するとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT