ボルボ「XC60」のハイブリッド車は何がスゴいか

エコなSUV、「B5」の走りは意外にも俊敏だ

エコなSUV、ボルボ「XC60 B5」の走りは意外にも!?  (写真:LEON編集部)
昨今、環境配慮への関心は世界的に高まっています。そんななか、有力な選択肢になりそうなクルマが2020年5月に登場しました。それがボルボ「XC60 B5」。高速ではディーゼルなみの燃費とうたうガソリンエンジンのプレミアムSUVの実力とは?

パワフルで燃費がいい、でもってSUVとくれば無敵?

COVID-19で世界各地の大気汚染が少なくなったというニュースがありました。でも一方で、CO2濃度は減っていないようです。愛というものを人一倍持っているオヤジさんとしても、ここは地球愛を発揮するときでは。

本記事はLEON.JPの提供記事です

こんな状況下。着々と環境対策を進めているボルボ。2020年5月に、環境対応の新パワートレイン搭載の「XC60 B5」が日本に登場しました。女性を、いや人間を、いや地球を愛するオヤジさんとして、ボルボに同志愛を持つときかもしれませんよ。

このクルマをオヤジさんにお勧めしたい理由は、もちろん崇高な動機から、というわけではないんです。環境にいいのに、パワフルで、かつ燃費がいい。つまり、楽しいクルマなんですね。サイズは全長4690ミリのプレミアムSUVなんですけど、ガソリンエンジンで高速ではディーゼルなみの燃費なんですよ。

XC60 B5(以下・B5)はひとことで説明すると、マイルドハイブリッド車。そのシステムは、2リッターのガソリンエンジンにちょっと小さめなモーターが組み合わせたもの。

モーターのお仕事は、ガソリンエンジンがあまり得意でないところの手助けです。例えば、走りだしのごく低回転の領域や、高速道路でゆっくりクルージングしていたときに、なんらかの理由で急加速が必要になった場合など。

ガソリンエンジンは、人生経験の長いオヤジさんは先刻よくご承知のとおり、マックスパワーが出るまでに多少なりとも時間がかかります。アクセルペダルを踏んでいくと、だんだん力が盛り上がっていく感じですよね。

次ページ従来のエンジン搭載モデルT5の上を行くB5
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT