ボルボ「XC40」に並み居る日本車が負けた理由

日本カー・オブ・ザ・イヤー18-19選出の裏側

「XC40」がイヤーカーに。昨年の「XC60」に続いて今年もボルボが制した(写真:日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト)

12月7日、今年の「年クルマ」を選出する「日本カー・オブ・ザ・イヤー(略称:COTY<Car Of the Year Japan>)2018-2019」の最終選考会が東京お台場にある「東京国際交流館」で行われ、ボルボ「XC40」が2年連続でイヤーカーに選ばれた。

昨年の勝者を振り返るとボルボ「XC60」だった。COTYは1980年から開催されているが、同一メーカーが連続で受賞したケースは、トヨタ自動車/ホンダ/マツダのみで輸入車としては初となる。

ノミネート車両は2015年11月1日から2016年10月30日までに国内で発表/発売されたモデル。自動車メディアを中心に構成されるCOTY実行委員会が選任した60名の先行委員によって、1次選考で選出された10台のモデル(10ベスト)を対象に採点を実施する。

「ジムニー」と「フォレスター」が辞退

今年はスズキ「ジムニー」が10ベストカーへのノミネートを辞退、SUBARU(スバル)「フォレスター」は10ベストカーに選出後に辞退した。いずれも完成検査不正が理由だが、ノミネート車両とは関係ないことだ。COTYは企業ではなくクルマを評価するイベントであることを考えると、非常に残念で仕方ない。

最終選考会に残った10ベストカー(今年は9台)は狭き門を突破してきた精鋭たちであり、個人的には全ての車両に10点満点を入れてあげたいが、採点にはルールがある。

1 持ち点は25点
2 最も高く評価した1台に10点を入れる
3 残りの15点を4台に配点する(ただし9点以下)

その最終結果が下記である。

1位 ボルボ「XC40」 363点
2位 トヨタ「カローラ スポーツ」 314点
3位 フォルクスワーゲン「ポロ」 197点
4位 トヨタ「クラウン」 170点
5位 三菱自動車「エクリプス クロス」 156点
6位 マツダ「CX-8」 111点
7位 アルファロメオ「ステルヴィオ」 106点
8位 BMW「X2」 47点
9位 ホンダ「クラリティPHEV」 36点
次ページXC40とカローラ スポーツのデッドヒート
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT