「労災かくし」は重大な犯罪

第3回 事業者は4つの責任を自覚すべき

労働災害を起こさないためには

労働災害防止の基本は、労働安全衛生法や関係法令をしっかり守ることです。労働安全衛生法令には、会社が行うべき危険防止に関する措置が定められています。また、業種と規模に応じた安全衛生管理体制の整備、安全衛生教育の実施に関するルールも示されています。

 労働安全衛生法と関係規則の多くは、これまでに起こった労働災害を教訓に定められています。この法律を理解し、正しい知識を身につけることが、労働災害防止の第一歩につながります。

 とはいえ、労働安全衛生法は、労働災害防止のための最低基準が示されている法律です。そのため、この法律を守ってさえいれば、万全というわけではありません。そこで求められるのが、会社と従業員が一体となり、安全に対する意識を高め、労働災害防止に向けて行う自主的な活動です。「4S活動」、「危険予知活動」や「ヒヤリ・ハット活動」などが、これにあたります。

また、労働災害の原因に応じて、個別の対策をとることも重要です。たとえば、小売業や飲食業では、転倒災害が多くなっています。しかし、「転倒」とひとことで言っても、つまずきによる転倒と、すべりによる転倒では、とるべき対応策が異なります。前者では整理整頓の徹底が、後者では安定した履物の着用が、まずは必要となります。

 このように、労働災害の原因別に対処しなければなりません。詳しくは、拙著店長のための早わかり労働安全衛生法をご一読ください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT