ダウ710ドル安、ナスダックも1万ポイント割れ

新型コロナ感染の再拡大で景気悪化を懸念

米国株式市場は、国内で新型コロナウイルス感染が再び拡大していることを受け、急落し、ダウ平均株価は710ドル安で終了した。ニューヨーク証券取引所で3月撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米国株式市場は、国内で新型コロナウイルス感染が再び拡大していることを受け、急落し、ダウ平均株価<.DJI>は710ドル安で終了した。ロックダウン(都市封鎖)などの感染拡大抑制策が再び実施され、景気が一段と悪化するとの懸念が出る中、主要3指数の下落率は約2週間ぶりの大きさとなった。

ナスダック総合指数<.IXIC>は9日ぶりに反落。下げは200ポイントを超えた。8日続伸は2019年12月以降で最長。

米国では新型コロナウイルスの一日の感染者数が4月下旬以降で最多を記録し、過去2番目の水準になった。多くの州で感染防止のための都市封鎖(ロックダウン)が解除される中、当初はあまり感染が広がらなかった農村部で感染が拡大しているほか、早期の解除に踏み切った州でも感染者が増加している。

こうした中、ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカットの3州の知事は、ウイルス感染率が高い州から訪れる人に14日間の自主隔離を義務付けると発表した。

ナショナル・セキュリティーズ(ニューヨーク)のチーフ市場ストラテジスト、アート・ホーガン氏は「コロナ感染者の増加が景気回復の遅れにつながり得ることを市場はようやく認めたようだ」と述べた。

国際通貨基金(IMF)は24日、2020年の世界経済成長率見通しをマイナス4.9%とし、4月時点のマイナス3%から下方修正した。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が経済活動にもたらした打撃が当初の予想以上に幅広く深刻との認識を示した。

航空株やリゾート株、クルーズ船株が値下がりした。NYSE・ARCA航空株<.XAL>は7.6%急落した。

TDアメリトレード(ニュージャージー州)のトレーダー戦略部シニアマネジャー、ショーン・クルス氏は「市場はこれまで4—6カ月先の状況が大分好転すると見込んでいたが、コロナ感染の再拡大でそうした期待を割り引き始めている」と指摘。また米国と欧州の緊張が高まりつつあることにも留意すべきとした。

米通商代表部(USTR)は、航空機紛争の一環として、欧州連合(EU)の製品に対する関税や税率変更を検討していると表明した。

個別銘柄では、パソコン大手デル・テクノロジーズ<DELL.N>が8.3%高。傘下の仮想化ソフトウエア会社、VMウェア<VMW.N>のスピンオフ(分離・独立)を検討していると報じられた。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を6.84対1の比率で上回った。ナスダックでも4.58対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は133億5000万株。直近20営業日の平均は133億1000万株。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25445.94 -710.16 -2.72 25992.9 25992.9 25296.7 <.DJI>

6 6 3

前営業日終値 26156.10

ナスダック総合 9909.17 -222.20 -2.19 10092.9 10137.5 9842.22 <.IXIC>

2 0

前営業日終値 10131.37

S&P総合500種 3050.33 -80.96 -2.59 3114.40 3115.01 3032.13 <.SPX>

前営業日終値3131.29

ダウ輸送株20種 8899.24 -282.33 -3.07 <.DJT>

ダウ公共株15種 767.60 -5.87 -0.76 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1944.30 -43.43 -2.18 <.SOX>

VIX指数 33.84 +2.47 +7.87 <.VIX>

S&P一般消費財 1041.21 -21.02 -1.98 <.SPLRCD>

S&P素材 343.64 -10.43 -2.95 <.SPLRCM>

S&P工業 563.44 -20.51 -3.51 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 593.62 -9.92 -1.64 <.SPLRCS>

S&P金融 382.51 -13.92 -3.51 <.SPSY>

S&P不動産 211.03 -5.76 -2.66 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 281.97 -16.53 -5.54 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1139.72 -31.10 -2.66 <.SPXHC>

S&P通信サービス 181.10 -4.55 -2.45 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1798.92 -42.21 -2.29 <.SPLRCT>

S&P公益事業286.98 -2.72 -0.94 <.SPLRCU>

NYSE出来高 11.75億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 22285 - 175 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限円建て 22225 - 235 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT