歴史は科学ではない。基本的に文学だ--『父が子に語る近現代史』を書いた小島毅氏(東京大学大学院人文社会系研究科准教授)に聞く


 寛政の改革あたりから、日本と中国は対等、もしくは日本が優れているという意識が出てくる。その点からは、この二つのコンセプトはメダルの表、裏の関係ともいえる。

--「日本」は中国や朝鮮に対抗して生まれた……。

日本は最初から日本であったわけではないということ、これは30年以上前に網野善彦が声を大にしておっしゃって、多くの読者を獲得したものの、残念ながらまだ一般にはそれほど認知されてはいない。

むしろ、逆に司馬遼太郎のような「日本の国づくり」というコンセプトの書き物のほうが一般の琴線に触れている。それによって日本人意識なるものを再生産する仕組みが出来上がってしまっている。

--司馬史観が大きな影響を与えていると。

司馬遼太郎個人が問題だとは思っていない。司馬は小説家として、ある独自の歴史認識を持っている。

ただし、いかんせん彼が小説を書いた時点で知りえた歴史研究の状況、そもそも明治以降の日本の発展についてのものの見方が、日本の欧米に追いつけ追い越せであり、中国や朝鮮はそのための道具という見方になっている。

司馬は優れた人なので批判するつもりはない。彼を一種の錦の御旗として掲げている一群の人たち、そうした頭の固い人たちがいまだにいて、彼らにとって司馬のナラティブが都合のよいものなので、利用されている。

今回のNHKドラマ「坂の上の雲」では、脚本が最近のものの考え方の変化を受けて、原作とはかなり変わってきている。日清戦争のところで、朝鮮の問題を朝鮮のほうから見るような、そうすることに気づいている日本人を登場させている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT