ダウ続伸131ドル高、ナスダックまた最高値更新

景気回復期待で買い継続、アップル株も上昇

米国株式市場は続伸し、ダウ平均株価が131ドル高で引けた。追加の景気刺激策が経済の急速な回復を後押しするとの期待から買いが先行した。ニューヨーク証券取引所で3月撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国株式市場は続伸し、ダウ平均株価<.DJI>が131ドル高で引けた。追加の景気刺激策が経済の急速な回復を後押しするとの期待から買いが先行した。アップル<AAPL.O>の値上がりなどでナスダック総合指数<.IXIC>は再び終値での最高値を更新した。

主要3指数は終盤に日中の高値から下落したものの、ナスダックは今月5回目の最高値更新で取引を終えた。2.1%高のアップルがけん引し、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>とマイクロソフト<MSFT.O>もそれぞれ1.9%、0.7%上げた。

IHSマークイットが公表した6月の米総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は46.8と、5カ月連続で景気拡大・縮小の節目となる50を下回ったものの、5月の37.0からは改善した。

米商務省が発表した5月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済)は、年率換算で前月比16.6%増の67万6000戸となり、ロイターがまとめたエコノミスト予想(2.9%増の64万戸)を上回った。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ投資ストラテジスト、マーク・ルスキーニ氏は、これまでの経済指標が株価のV字回復を支えているとし、「失業率上昇や旅行・レジャー・娯楽産業の回復の遅れなど、今後しばらくの間は経済的なダメージが続くにもかかわらず、株式は上昇を続けるとの見方を強めている」と指摘。また、新型コロナウイルスの感染者は増加しているが、連邦政府と州政府が経済封鎖を再び導入する姿勢を示していないことも市場を後押ししているとした。

米紙ニューヨーク・タイムズはこの日、 欧州連合(EU)諸国が7月1日から段階的に解除予定のEU域内への渡航制限について、米国からの渡航禁止措置を当面維持する可能性があると報じた。

一方、ムニューシン財務長官が新たな景気刺激対策について、迅速な雇用回帰が焦点になると言及。ルスキーニ氏は、この発言も支援材料になったと述べた。

S&Pの主要11セクターのうち7部門が上昇。一般消費財<.SPLRCD>、情報技術<.SPLRCT>の上げが大きかった。公益事業<.SPLRCU>、不動産<.SPLRCR>、主要消費財<.SPLRCS>は下落した。

アップルは、UBSが4─6月期のiPhone出荷見通しを引き上げたほか、目標株価も引き上げた。

ナバロ大統領補佐官は22日、中国との通商合意は「終わった」と発言。その後、自身の発言は文脈を無視して報じられたもので、米中通商合意は続いていると述べるなど釈明に追われた。トランプ大統領も中国との通商合意は全くの無傷だと確認し、市場に安心感が戻った。

ナイキ<NKE.N>は2.4%高。25日の決算発表を前に、証券会社が目標株価を引き上げた。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.53対1の比率で上回った。ナスダックでも1.22対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は120億7000万株。直近20営業日の平均は132億9000万株。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26156.1 +131.14 +0.50 26159. 26314. 26105. <.DJI>

0 39 97 97

前営業日終値 26024.9

6

ナスダック総合 10131.3 +74.89 +0.74 10130. 10221. 10112. <.IXIC>

7 83 85 44

前営業日終値 10056.4

8

S&P総合500種 3131.29 +13.43 +0.43 3138.7 3154.9 3127.1 <.SPX>

0 0 2

前営業日終値 3117.86

ダウ輸送株20種 9181.57 +119.59 +1.32 <.DJT>

ダウ公共株15種 773.47 -6.95 -0.89 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1987.73 +4.37 +0.22 <.SOX>

VIX指数31.34 -0.43 -1.35 <.VIX>

S&P一般消費財 1062.23 +10.94 +1.04 <.SPLRCD

>

S&P素材 354.07 +0.74 +0.21 <.SPLRCM

>

S&P工業 583.95 0.00 0.00 <.SPLRCI

>

S&P主要消費財 603.54 -0.84 -0.14 <.SPLRCS

>

S&P金融 396.43 +1.65 +0.42 <.SPSY>

S&P不動産 216.79 -0.77 -0.35 <.SPLRCR

>

S&Pエネルギー 298.50 +0.23 +0.08 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1170.82 +5.08 +0.44 <.SPXHC>

S&P通信サービス 185.65 +1.14 +0.62 <.SPLRCL

>

S&P情報技術 1841.13 +12.80 +0.70 <.SPLRCT

>

S&P公益事業 289.70 -3.10 -1.06 <.SPLRCU

>

NYSE出来高 10.05億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 22570 + 10 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 22505 - 55 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。