日本の株主総会が世界から20年も遅れている訳 企業統治をめぐる「2つの致命的な誤解」とは

印刷
A
A

ギャンブラーなら全員知っているが、一番の悩みは、いくら買うか、である。今日は自信があるから1万円突っ込もうか、いや外れたら目も当てられないから2000円にしておくか、いや当たったら彼女と焼き肉行きたいから、当たり馬券の総額が3万円は超えないとつまらないから、いま6倍のオッズだから5000円は買わないと、とか。

ただ、金額で悩んだときは、まったく当たらないのがほとんどだ。金額で悩んでいる時点で雑念があり、ダメなのである。しかし、悩まずにズバっと当てたときは、今度はものすごく後悔する。なんで5000円にしたのか、1万円にしておけば別の彼女とも行けたのに、などと自分を責めることになる。

WIN5の場合は、普通は1点につき100円しか買わないから、その悩みがない。これは本当に素晴らしい。そして、10万円ぶっこむ、などという阿呆なことをすることが、どんなに血走っているときでも、まずない。

WIN5の「4つの困ること」

一方、困ることもたくさんある。

第1に、当たらない。何度やってもあたらない。5つ全部当てるのは難しいのである。

第2に、だから、点数を増やす。1レースごとに3頭も4頭も買ってしまう。例えば、1レースごとに3頭ずつ選んで買うと、5レース買えば、243通りになってしまい、購入額が2万4300円になってしまう。

第3に、儲からない。2万4300円買って当たったのはいいが、すべてのレースで一番人気が勝つと、配当は例えば7000円にしかならないこともある。いわゆるトリガミだ。やっとあたってもトリガミ。

第4に、そうこうしているうちに、当たらなさすぎていやになる。楽しくなくなる。WIN5を買うのをやめる。だから、ほとんどの場合、損したまま、楽しくないままやめることになる。

実は、買い方に1つ、コツがある。長くなったので、それは次回。ぜひみなさんも1度買ってみてはいかがだろうか。コツのヒントは、株価はみんなが買う銘柄を先回りして買うこと。馬券は、みんなが買わないものを買うこと。Good Luck!

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT