邦銀を取り巻く事業環境は引き続きネガティブ《ムーディーズの業界分析》


金融機関グループ
AVP−アナリスト 梶 恭輔

2010年の邦銀を取り巻く業界環境は、昨年に引き続きネガティブ

ムーディーズは、今後1~1年半程度の期間の、日本の銀行業界全体の信用ファンダメンタルズ見通しについて、ネガティブを継続する。

これは、邦銀各行の財務を圧迫することになった急激な景気後退が最近落ち着きを見せているとはいえ、各行を取り巻く業界構造(国内経済の停滞による恒常的な預金超過状態、事業規模・業態によるすみ分けが十分できていない点等)を背景に、リスクに見合っただけの金利を本業である貸し出し事業から得られていない状態が一朝一夕には変わらない、と見込まれる点を主に反映したものである。マクロ経済環境と業界構造により規定される邦銀各行の低収益性は、個々の銀行の経営努力のみではその継続的な改善は見込みづらい。特に近時厳格化の方向にあるリスク管理、レバレッジの活用、金融当局による監督を考慮したとき、近い将来における収益性の改善はますます困難になっている。

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。