トヨタを"超えた"テスラ、上昇続く株価の行方 過剰な期待にはイーロン・マスクも困惑か

拡大
縮小
2010年5月に電気自動車の開発で資本・業務提携。写真はイーロン・マスク氏が来日して行われた電気自動車の贈呈式。その後、提携を解消し、トヨタは2016年末までにテスラ株を売却(撮影:大澤誠)

2010年5月、トヨタ自動車の豊田章男社長とアメリカのテスラのイーロン・マスクCEOは資本・業務提携で堅い握手を交わした。電気自動車(EV)の新興ベンチャーと巨人トヨタの電撃的提携は世界を驚かせた。

それから10年後、誰がこうした状況を予想できただろうか。テスラとトヨタの"首位逆転”が迫っているのだ。

コロナ禍にもかかわらずテスラの株価はうなぎのぼりで、時価総額(株価×発行済み株数)が急拡大している。

ドルベースでトヨタの時価総額は約2100億ドル。一方、テスラは1800億ドルだ。テスラの時価総額は2020年初は約800億ドルだったので、倍以上に拡大している。ヨーロッパトップのフォルクスワーゲンはとっくに水を空けられている。

より厳密に、自己株を控除した時価総額と比べるとテスラのほうが上だ。近年、トヨタは株主還元の一環として、株式の需給を改善する効果がある自己株買いを積極化してきた。

2020年3月末時点で、トヨタの自己株式は発行済み株式数の約15%に達する。この自己株式分を除いたトヨタの時価総額は1800億ドルを割り込んでいる。つまり、株式市場はテスラをトヨタより上と評価したことになる。

時価総額だけみれば自動車業界の主役交代だが、通常の尺度からするとテスラの株価はまったく説明がつかない。業績を見てみよう。

次ページ業績はこれだけ違う
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT