あのZoomじゃないズームの株価が急伸した事情

ウィズコロナ・ポストコロナの米国企業(3)

こうした業容の拡大は株価にも表れている。昨年末と直近6月12日の株価を比較してみると、主要企業の指標であるS&P500指数は▲5.9%と昨年末の水準を下回っている。これに対し、主要なクラウド企業の株価は騰落率に差はみられるものの、ほとんどが上昇している。

半年で株価が2〜3倍増の銘柄も

昨年末の株価との比較で3.2倍となったズーム・ビデオを筆頭に、ゼットスケーラー(ZS)が2.2倍、データドッグやドキュサイン(DOCU)も2倍を超えている。

ゼットスケーラーは、クラウドやモバイル向けにセキュリティプラットフォームを提供。100%クラウドベースで提供しており、ユーザーがどこにいても、どのデバイスからアクセスしても、安全に接続できるという点が売りだ。

在宅ワークなどの増加を背景に、同社の主要なサービスの1つである「Zscaler Private Accessソリューション」のトラフィックは2月以降、それまでの10倍に増加したことが明らかになっている。

また、ドキュサインは電子署名技術の先駆者で、クラウド活用で展開する同社のアプリケーションは350以上のビジネスアプリに対応。それらのアプリに組み込むことによって、準備から署名、管理まで、契約にかかわるプロセスを自動化・効率化できると謳っている。2020年4月末時点の顧客数は66万件で、前年の50万件から32%増加した。

6月に入り、日本でも欧米でも、新型コロナに絡んだ各種の規制が緩和され、経済活動を復活させる動きが活発になってきた。一方で、こうした国や都市では感染者数が再び増加に転じたところもあり、第2波の懸念も高まっている。

こうした不安定な環境は当分続くことが予想される。コロナ禍を機に、業務のあり方や進め方、働き方などを大きく変えようという企業も少なくないはずだ。クラウドやDX関連企業が展開するビジネスへのニーズは、しばらく衰えることはないだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT