仰天!市役所に「女子高生だけの課」が誕生

眼鏡日本一、福井・鯖江市が変える「まちづくり」

鯖江市が、一見奇抜に見えるプロジェクトに乗り出した背景には、「いまの社会の価値観や常識を変えていかなければ、この国は持たない」「現在の人口減少社会で、特に若い女性が地域に残るための施策を講じていかなければ、まちそのものが消滅する」という強い危機感がある。実は、全国の多くの自治体も、多かれ少なかれ同じような状況に置かれている。

市は、女子高生が自らまちづくりに関わることで、故郷に対する思いや自信を持ってもらうとともに、彼女たちの活躍が、若い世代や女性の社会参加を促す効果を期待している。

新しい自治体モデルを作る壮大な実験

とはいうものの、このプロジェクトが表面化すると、賛否両論が巻き起こったのも事実だ。市役所には心配の声が多数寄せられたほか、ネット上では、かなり厳しい意見があったという。そのため、市民を対象にした説明会を開催したり、学校を訪問して活動の目的や目指す姿などを丁寧に説明して、理解してもらうことに全力を注いだ。市も女性職員のみのサポートチームを結成し、メンバーの女子高生が不安なく活動できる体制を整えた。

牧野市長は、「このプロジェクトは、新しい自治体モデルを作る壮大な実験」と強調する。大人の視点ではなく、女子高生の視点で考え、動いてもらうということに意味がある。そこから生まれてくるものは「新しい何か」(若新氏)であり、それはイメージすることが難しいものだという。だから、この活動の期限は決めておらず、「地域になじむまで」(牧野市長)続けていく方針だ。

全国から注目を集めそうな「JK課」プロジェクト。成功のカギは「大人の思考の枠、つまり大人が超えられなかった壁をJKが越えられるかどうか」(市と包括的連携協定を結んでいる、福井大学産学官連携本部の竹本拓治准教授)にかかっている。

■都市データパック

「住みよさランキング」でおなじみ、全国47都道府県の市・区ハンドブック。
豊富な社会・経済データと独自調査による多彩な地域情報で全国812市区を多面的に紹介。豊富な統計データもさらに充実。

紙版はこちら
データ版はこちら
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。