働く「小学生の母」、臨時休校中の苛立ちの正体

3500人調査で判明した「小学生の父」の行動

さらに興味深い発見は、親と同居している場合、小学生の子どもの有無は夫婦の「在宅勤務」にまったく影響しないことだ。働く父母は子どもの世話を親に任せることで、子どものために「在宅勤務」する必要はなくなる(親が子どもの面倒を見ることが可能であると仮定するために、ここでは80歳を超えた親は含まない)。

国内外の先行研究によれば、親が子守をすることで、女性の労働参加が促進されることが明らかになっている。これは、われわれの分析結果と整合的である。

中学生だからといって安心はできない

また、中学生の子どもの存在は、フルタイム勤務者の性別に関係なく、「在宅勤務」に影響しない。中学生ともなれば、ある程度自主性に任せることが可能になるので、「在宅勤務」の必要性が低下すると解釈できる。もっとも、近年の精緻な実証研究からは、親の目が行き届かないティーンエージャーは、非行に走る傾向にあることがわかっている。中学生だからずっと1人でも大丈夫ということにはならない。

いずれにせよ以上の分析結果からわかるのは、令和の時代に入った現在でも、「働き方」に大きな男女差があることである。日本は『世界性差報告書』(2020年版)で、女性の社会的地位は153カ国中121位となっている。これを踏まえると筆者らの分析結果は、なんら意外な結果とは言えない。

海外の新型コロナの経済分析は急速に進展している。例えば、ホワイトカラーの女性労働者ほど、働く場所の制約を受けないリモート・ワークがしやすいという。これを肯定的に考えるならば、ポストコロナの時代は女性活躍の時代と言えるのかもしれない。しかし、それは一面の真理にすぎない可能性がある。

少なくとも、われわれの分析結果から描かれる「共働きのホワイトカラー」夫婦の日常は、妻が仕事も家事も子育ても一手に担い、夫は仕事に没頭する様子である。

新型コロナが終息した後でも、夫婦間での負担格差が拡大していく可能性がある。妻の不満は増幅され、放置しているといつかそれが大爆発するかもしれない。例えば筆者の推計では、50歳以下のフルタイム雇用の女性で小学生の子どもがいない場合、「怒り」を感じるのは33%。この値が、小学生の子どもがいるだけで50%に跳ね上がる。この変化は男性には表れない。

次ページコロナ離婚のような悲劇を未然に防ぐには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT