高級車ベントレー、イギリスで約1000人削減へ

コロナ禍で生産休止が痛手、希望退職者募る

 6月5日、英BBCは4日、独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車メーカー、ベントレーが英国で約1000人の人員を削減すると伝えた。写真はベルギーで5月撮影(2020年 ロイター/YVES HERMAN)

[4日 ロイター] - 英BBCは4日、独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>傘下の高級車メーカー、ベントレーが英国で約1000人の人員を削減すると伝えた。新型コロナウイルスの感染拡大が影響した。

人員削減は5日にも発表される見通しで、希望退職者を募る可能性が高いという。

ベントレーは英北部の工場で生産を再開したものの、新型コロナを受けたそれまでの生産休止が痛手となっている。

この日は高級車メーカーのアストンマーティン<AML.L>も500人の削減計画を明らかにした。

VWとベントレーは現時点でロイターのコメント要請に応じていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT