コロナ禍の父親「仕事と家族が地続きになる」

食事は家族と一緒の「新しい日常」を生きる

山崎:今後リモートが定着していくと、通勤などの移動がなくなる分の時間をさまざまなことに使えますよね。今回のコロナ禍で家族と過ごしたり、勉強したり、やりたいことをやる時間を作りやすくなったわけですから。この経験はこれからの仕事や生活のあり方をガラッと変える事象だったと感じています。

ただ、一方ではやりたいことがない人や自分から行動を起こすのが苦手な人にとっては順応するのが難しい面もあるかもしれないとも思います。

:家族と一緒に過ごす時間のよさは、私も再認識しています。例えば出勤していたときのランチは近くのコンビニで買って食べていましたが、なんだかんだ30分ぐらいかかっていて。今はそれと同じ時間を使って家族と毎日お昼ご飯が食べられています。リモートワークになったことで時間が捻出され、家族とのコミュニケーション量が増えました。これによって幸福度が上がると多くの人が認識し始めたのではないでしょうか。

田所:私も夫婦双方が在宅で働いたことで、18時に家族全員でご飯を食べられるようになりましたが、これは通勤が当たり前だった社会ではあまりなかったことですよね。家族のよさってこういう瞬間だよなぁっていう感覚を多くの人が持ったと思います。

そういう意味では、「家族団欒ができないような働き方を強いる会社なんてありえない」という考え方を持つ人が増えていくように思います。これまで「ノー残業デー」だったのが「ノー通勤デー」になることもあるかもしれない。家族の時間をより取れるような働き方をしようという空気が出てくる予感がします。

働き方をポジティブに変えるきっかけに

小山:家族の時間や自分の時間を積極的に持とうとする動きが加速するのはいいことですよね。働きすぎだった日本人がそれぞれのライフにしっかり目を向けるいい機会になりますから、こういう空気が広がっていけば、男性の育休取得率ももっと上がる気がします。昭和の精神論ではなく、共に働き共に育てることがもっとポピュラーになるといいですよね。

青地:強制的にオンライン化が進んだことによって、働き方や共働きのあり方をポジティブに変えていくきっかけになったと感じています。まず、働く個人はより柔軟な働き方ができる環境に身を置こうとしたり自分で作ったりと、自分の望む働き方を模索する人が増えそうですよね。そういう動きが加速していくといいなと思います。

それからアフターコロナでは、家庭だけでなく組織においても、「共に働く」が大事なテーマになると思います。いま、お子さんがいて限られた時間しか働けない方や、副業や兼業をしている方をオンラインでつないで仕事をしています。働き方が多様化する中で、改めて新しい組織のあり方について考えるきっかけにもなりました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT