1日1分朗読で話し方が断然うまくなるコツ9選

相手に届けることを意識するだけで違ってくる

ビジネスのさまざまな場面で効果を発揮するはずです(写真:rainmaker/PIXTA)

「朗読」は性別や世代を問わず、すべての人に計り知れない恩恵をもたらしてくれる――。

話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読』(東洋経済新報社)の著者、魚住りえ氏はそう主張する。ご存じの方も多いだろう、フリーアナウンサーであり、スピーチレッスン講師、ラジオ番組のパーソナリティー、ナレーションの仕事などを幅広く手がけている人物である。

話し上手になるとか、言葉がスラスラ出てくるとか、声がよくなるとか、朗読の効果はさまざま。もちろん語彙も増え、表現力や文章力もつくに違いない。さらには表情が豊かになるなど、外見も変化してくるのだという。

「朗読」と「音読」はどう違う?

いろいろとメリットは少なくないというわけだが、しかし、そもそも「朗読」と「音読」はどう違うのだろう? 似ているようにも思えるが、両者には明確な違いがあるのだそうだ。

「音読」は、シンプルに「文章を声に出す」ということです。
たとえて言うなら、「独り言」です。この場合の「音読」のベクトルは自分に向いています。
これに対して「朗読」は、人に伝えるもの。朗読になってはじめて、伝えたい相手、聴きてである「他者」が生まれます。
つまり、朗読のベクトルは、相手に向かうものなのです。
相手に正確にわかりやすく、心に響くように「伝える」のが朗読。これに対して音読は、ただ文字を声に出して読むことです。
要は、意識の向かう対象がまったく異なっているわけです。
音読の段階では、聞き手はおらず、聞き手に伝えるために抑揚をつける必要はありません。
つまり、音読は、朗読にいたるまでの「過程」のひとつであるともいえます。
(『話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読』はじめに より)

魚住氏は経験的に、「話し方」を劇的に向上させるのは、音読の先にある「朗読」だと確信しているのだという。そこで本書では、単に自分だけで音読するのではなく、相手に届ける「朗読」をしようと提案しているのである。

ベースになっているのは、魚住氏が30年以上の経験から生み出したという「魚住式メソッド」。その中から、“朗読の裏ワザ”をご紹介しよう。

簡単にできるものばかりだが、効果は抜群。「ここにちょっと気をつけるだけで、ビックリするほど上手に聞こえる」という朗読のスキルだという。

次ページ助詞を上げて話さない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。