1日1分朗読で話し方が断然うまくなるコツ9選 相手に届けることを意識するだけで違ってくる

印刷
A
A
① 意識して助詞を下げる

「この件に関してはぁ(⤴︎)、再考の余地があると思うのですがぁ(⤴︎)」
「そういうつもりはなかったのにぃ(⤴︎)、思わぬ得をしたのでぇ(⤴︎)」

例えばこのように、無意識のうちに「は」「に」「が」「を」「て(で)」など、助詞(の音)を上げて話してしまう人は多い。しかし助詞を上げる話し方は、相手にいい印象を与えないものでもある。

しかも、それが癖になっている人は、朗読する際にも助詞を上げて読んでしまいがちなのだという。だとすれば、意識して助詞を下げるようにしたほうがよさそうだ。

メリハリをつけて、はっきりと丁寧に

② 同じ言葉や文章は、あえて強調しない

とはいえ、すべての言葉に抑揚をつける必要はないはずだ。むしろ大切なのは、「強調する部分」と「捨ててもいい部分」で、メリハリをつけること。

「捨ててもいい部分やセンテンス」を見極めるのは難しそうだが、慣れれば自然と見定めがつくようになると魚住氏は記している。確かに“慣れ”は重要なのだろう。

また、一定のパターンもあるのだとか。例えば同じ言葉や文章が繰り返される場合は、どうしてもくどくなってしまう。しかし、だからといって必ずしも2回目以降を、1回目と同じように強調する必要はないということだ。

③ 一音一音をはっきり丁寧に発音する

最初のうちは、一音一音をはっきり、丁寧に発音するよう心がけることが大切。「ありがとうございました」ならば、

「あ、り、が、と、う、ご、ざ、い、ま、し、た。」
(『話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読』123ページより)

と、最後の「た」の音まで気を抜かず、しっかり発音するということだ。なお、このときは句点(。)まで感じる気持ちで発音するとなおよいそうだ。スピードに関しては、多少ゆっくりになったとしても問題はないという。

しかし、こうした配慮がなぜ必要なのか? 魚住氏によれば、理由は明確。1音1音、はっきり丁寧な音にして気持ちを込めれば、相手に伝わる力が倍増するからだ。また、1音1音を確認しながら大事に読めば、早口になってしまうのを防ぐことも可能。

緊張していたり焦っていたりすると、読んでいるうちについ早口になってしまうものだ。経験のある方もいらっしゃるのではないだろうか? しかし早口で読み上げてしまうと、内容が上滑りしてしまうため、どうしても相手には伝わりにくくなる。

だからこそ、しっかり発音することが大切。速さに関しては「これではスローすぎるのでは?」と感じるくらいでちょうどいいのだという。

次ページ文章のとおりに読まなくてもいい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT