「新型フィット」実際買うならどのグレードか

選ぶポイントは装備ではなくライフスタイル

メーカーオプションでまず装着しておきたいのは、「Honda CONNECT for Gathers+ナビ装着用スペシャルパッケージ」だ。

Honda CONNECT用緊急通報ボタン/トラブルサポートボタン(写真:ホンダ)

これはディーラーオプションの専用ナビとのセット装着と、サービスへの加入が前提となるが、これを装着してHonda CONNECTが使える状態になると、万が一のときにつながる緊急サポートセンターやスマートフォンなどによるリモート操作、駐車中の車両に異常が発生したときにALSOKが駆けつけてくれるサービスなどが利用できるようになる。

もちろん、これらが不要というユーザーには無用の長物かもしれないが、約5万円のプラスでステアリングswitchやバックカメラ、USBジャック、専用ハーネスにデジタルTVアンテナなどが備わるので、社外品のナビゲーションを検討しているユーザーも選んで損はないだろう(社外ナビが対応しているかは要確認)。なお、BASICとHOME以外のグレードでは標準装備となっている。

ハイブリッドならではのアイテムもある

もう1つオススメしたいのが、およそ3万円で装着できる「コンフォートビューパッケージ」だ。これは、親水ヒーテッドドアミラー、熱線入りフロントウインドウ、PTCヒーター(ハイブリッドモデルのみ)が備わるもので、特にハイブリッドモデルにプラスされるPTCヒーターはオススメのアイテムだ。

PTCヒーターとは、通常エンジンの熱を利用して暖かい風を出す暖房の代わりに、電気の力で熱風を出すというもの。そのため、エンジンが冷え切った状態でもすぐに温風が出てくる寒い時期にありがたい装備なのだ(なお、4WDモデルは全車標準装備となる)。

ということで、今回は珍しくこれといったグレードを示すことができなかった新型フィットであるが、ぜひご自身の目で自分のライフスタイルにはどのグレードが一番フィットするのかを吟味していただければ幸いだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT