「新型フィット」実際買うならどのグレードか

選ぶポイントは装備ではなくライフスタイル

まず、その名の通り最もベーシックな「BASIC」は、廉価グレードというよりは、必要十分な装備のみを厳選したシンプルなグレードと言った方がいいだろう。ハイブリッドモデルで200万円を切る価格も魅力的だ。

続く「HOME」は、合皮とファブリックのコンビシートや本革巻ステアリング(ハイブリッドモデルのみ)といったアイテムを持った、質感が高く、居心地のよい自宅のような空間を持ったグレード。発売から1か月間での受注のおよそ半数を占める、人気グレードとなっている。

「NESS」はスポーティーなキャラクターを持ったグレードだが、従来のスポーツグレードではなく、乗る人がアクティブに過ごせるようにとの想いが詰まったグレードだ。ほかのグレードには用意されないアクセント2トーンのボディカラーが用意され、内装も専用の2トーン撥水ファブリックシートが用意されている。

先行して「フリード」にも設定された「CROSSTAR」は、SUV風の専用エクステリアを持ったクロスオーバー風のグレードだ。ホイールアーチプロテクターなどが装着されるため、全幅が1,725mmとなり3ナンバーとなるほか、専用サイズの大径タイヤによって最低地上高もアップしている。

そして「LUXE」は、上質さを追求したこだわりのグレードで、このクラスの国産車では珍しい本革シートを標準装備し、プラチナ調クロームメッキドアミラーや専用デザインの16インチアルミホイールで、大人の雰囲気をもったグレードに仕上がっている。

グレード選びはライフスタイルで

このように一概にどのグレードが優れているとか、どのグレードがお買い得だというものはなく、どのグレードにも美点があるという、何ともこの企画泣かせなラインナップである。そのため、自分のライフスタイルや使い方にあったグレードをチョイスしてほしいとしか言いようがないのが、正直なところだ。

続いて、購入時にしか装着できないメーカーオプションを見ていこう。実は、新型フィットのメーカーオプションは、それほど多く用意されていない。しかし、できれば装着しておきたいアイテムも存在しているので、しっかりチェックしておきたい。

次ページ「ナビ装着用スペシャルパッケージ」は必須
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。